紀北の十二社寺
古代より紀の川沿いに拓けた紀北地方。 『古事記』や『日本書紀』に現れる古社、 天空の聖地「高野山」の寺院をはじめ、名刹がそこかしこに。 元気をもらう旅へご案内します。
世界遺産マーク
高野山真言宗 総本山金剛峯寺

こうやさんしんごんしゅう そうほんざんこんごうぶじ

高野山真言宗 総本山金剛峯寺

八葉の蓮華にもたとえられる8つの峰々に囲まれた盆地に、弘法大師・空海が開いた真言密教の聖地です。東西約6㎞、南北約3㎞の中に、2大聖地の「奥之院」と「壇上伽藍」をはじめ、金剛峯寺など117もの寺院が建ち並ぶ日本を代表する宗教都市が広がっています。

伊都郡高野町高野山132

☎0736-56-2011

南海高野線「極楽橋」駅からケーブル5分、

「高野山」下車。バスで高野山各所へ。

世界遺産マーク
丹生都比売神社

にうつひめじんじゃ

丹生都比売神社

日本一の規模を誇る一間社春日造りの本殿4殿が、一昨年美しい姿で甦ったのに続き、今春には輪橋の修復が完成した丹生都比売神社。紀伊国一之宮であり、弘法大師の高野山開山にあたって神領地の一部を授けた社でもあり、その歴史は1700年以上です。

伊都郡かつらぎ町上天野230

☎0736-26-0102

JR和歌山線「笠田」駅から

バス約30分

秋のお祭り

10月16日(日)

10:30〜例大祭 15:30〜餅まき

世界遺産マーク
丹生官省符神社

にうかんしょうぶじんじゃ

伊都郡九度山町慈尊院835

☎0736-54-2754

南海高野線「九度山」駅から

徒歩約25分

「丹生官省符神社」は、816年に弘法大師がこの地を政所にする際、守り神として丹生都比売と高野御子を祀ったのが始まり。本殿は木造一間社春日造りで、桧皮葺と極彩色が美しく、重要文化財に指定。慈尊院の弥勒堂が移された時に二神、さらにこの地に鎮座していた三神を合わせて祀り、七社明神としました。

秋のお祭り

10月23日(日)官省府祭

世界遺産マーク
慈尊院

じそんいん

慈尊院

「慈尊院」の創建は弘仁7(816)年。弘法大師が政所として伽藍を創建したのが縁起。その後、讃岐から訪ねてきた大師の母・玉依御前が滞在し、女人結縁の寺として知られています。本尊は秘仏の弥勒仏坐像。高野山の表玄関で、世界遺産の参詣道・高野山町石道の起点に当たり、全国から多くの人が参拝されます。

伊都郡九度山町慈尊院832

☎0736-54-2214

南海高野線「九度山」駅から

徒歩約25分

隅田八幡神社

すだはちまんじんじゃ

隅田八幡神社

859年に欽明天皇金の命により勧請され、鎌倉時代以降は豪族・隅田一族の氏神として栄えた「隅田八幡神社」。主祭神は誉田別尊(ほんだわけのみこと)とも称される応神天皇です。秋祭は、県の無形民俗文化財に指定されています。

人物画象鏡

橋本市隅田町垂井622

☎0736-32-0188

JR和歌山線「隅田」駅から徒歩約20分。

JR・南海「橋本」駅からバスで「門前」

下車、徒歩約5分

隅田八幡神社を象徴する

人物画象鏡(レプリカ)

秋のお祭り

10月8日(土)宵宮 こども神輿

10月9日(日)

11:00〜例大祭​​​​ 13:00〜渡御行列

粉河寺

こかわでら

粉河寺

古来より観音信仰の地として知られる「粉河寺」。起こりは8世紀、ひとりの

童子が刻んだ千手観音像を猟師の大伴孔子古(おおとものくじこ)が祀ったと、

鎌倉初期に描かれた国宝「粉河寺縁起絵巻」に記されています。西国三十三所第

3番札所としても有名で、本堂前に広がる粉河寺庭園も有名。勇壮な石組みと蘇

鉄とさつきが目を引く日本庭園で、国指定の名勝です。

粉河寺庭園(名勝)

紀の川市粉河2787

☎0736-73-4830

JR和歌山線「粉河」駅から

徒歩約15分

粉河寺庭園(名勝)

根來寺

ねごろじ

根來寺

愛染明王(不動堂内)

高野山の学僧でもあった覚鑁(かくばん)上人によって開創された新義真言宗総本山「根來寺」。開山以来880年余りの伝統を誇り、山内には日本最大の木造大塔(国宝)のほか、大伝法堂には重要文化財の本尊三尊像。秋には各勝庭園をはじめ境内一円が錦に染まり、紅葉スポットとしても有名です。

岩出市根来2286

☎0736-62-1144

JR和歌山線「岩出」駅からバス約15分。

南海本線「樽井」駅、JR阪和線「和泉砂川」と

「紀伊」駅からもバスあり

秋のお祭り

11月26日(土)かくばん祭

日前神宮・國懸神宮

ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう

日前神宮・國懸神宮

「日前神宮・國懸神宮」は1つの境内に、日前神宮と國懸神宮の2社を奉り、総称して日前宮(にちぜんぐう)とも呼ばれています。古事記や日本書記にも登場する日本で最も歴史のある神社のひとつ。紀伊国一之宮として高い格式を持ち、深い木立に囲まれた森には神々の小さな社も点在します。

日前神宮・國懸神宮

和歌山市秋月365

☎073-471-3730

和歌山電鐵貴志川線「日前宮」駅から

徒歩すぐ

秋のお祭り

9月26日(月)

10:00〜日前神宮例大祭

11:00〜國懸神宮例大祭

竈山神社

かまやまじんじゃ

竈山神社

古くは古事記や日本書紀に記される「竈山神社」。ご祭神の彦五瀬命(ひこいつせのみこと)は神武天皇の長兄にあたり、大和平定の途上で亡くなられ、この地に祀られました。命の陵墓は本殿の裏に位置。日前宮、伊太祁曽神社と並ぶ、馴染み深い三社参りの一社です。

和歌山市和田438

☎073-471-1457

和歌山電鐵貴志川線「竈山」駅から

徒歩約10分

秋のお祭り

10月13日(木)例大祭

伊太祁曽神社

いたきそじんじゃ

わが国に樹木を植えてまわったと、日本書紀に記される五十猛命(いたけるのみこと)を祀る「伊太祁曽神社」。紀伊国一之宮であり、木の神様として親しまれていることから、全国の木材関係者の信仰を集めています。いのち神、厄難除けの神ともいわれ、病気平癒や厄除け祈願の参拝者が多数訪れます。古事記神話にちなむ厄難除け木の俣くぐりは多くの参拝者が体験されていきます。

和歌山市伊太祈曽558

☎073-478-0006

和歌山電鐵貴志川線「伊太祈曽」駅

から徒歩約5分

厄難除け木の俣(また)くぐり

伊太祁曽神社
厄難除け木の俣(また)くぐり

秋のお祭り

10月15日(土)例大祭

10月16日(日)神輿渡御

紀州東照宮

きしゅうとうしょうぐう

古くから権現さんの愛称で親しまれ、国の重要文化財(本殿および拝殿)に指定される徳川家ゆかりの神社「紀州東照宮」。1621年に紀州藩初代藩主・徳川頼宣公が創建。関西の日光とも称される権現造りの建物で、随所に精巧な彫刻と極彩色の色彩が施されています。中でも左甚五郎作の彫刻や狩野探幽作の壁画は必見です。

紀州東照宮

和歌山市和歌浦西2-1-20

☎073-444-0808

JR「和歌山」駅、南海「和歌山市」駅から

バスで「権現前」下車、徒歩すぐ

紀三井寺

きみいでら

紀三井寺

「紀三井寺」の開創は、今から1240年以上も前。唐僧の為光上人が名草山で金色の千手観音を獲得し、自ら彫った観音像を安置したのが始まりとされています。正式名は紀三井山金剛宝寺護国院。山内に3つの霊泉があることから紀三井寺と呼ばれ、西国三十三所の第2番札所としても全国区で有名です。

和歌山市紀三井寺1201

☎073-444-1002

JRきのくに線「紀三井寺」駅から

徒歩約10分

Copyright ©2016 Inori to Minori All Rights Reserved.

プライバシーポリシー